上海で見つけた激うま(でも辛い!)レストラン

上海に旅行中に見つけたお店です。
場所は上海花園飯店(上海オークラホテル)の裏にあり、お店の名前は久久滴水洞(ジュジュディーシュイトン)茂名南路店です。

こちらのお店は、日本にはなじみの少ない湖南料理のお店です。
店内は決してきれいな感じではないですが、温かみのある木目調のレストランです。

私たちがお店に入店した夕方の6時にはほぼ満席になっていました。
地元ではかなり有名なお店のようでした。

メニューも日本語表記に加えて料理の写真も添えてあったので、とても選びやすかったです。店員さんに日本語は通じませんが、十分オーダーは可能です。

私たちは、スペアリブとチャーハンをオーダーしました。
湖南料理はあまり詳しくなかったのですが、四川料理にも近いらしくどのお料理も辛そうでした。スペアリブが名物らしくて、名物と言われるだけのことはありました。
辛いのにおいしい!そしてまた辛い!癖になる感じです。チャーハンも激辛でした。
(※後で知ったのですが唐辛子抜きのオーダーもできたらしいです。)

7時にはたくさんのお客さんが列をなしていました。
地元の方が並んでまで食べたくなるのも納得できる味で、お値段も手頃なのでおすすめです!
上海にいかれた時は、ぜひ寄ってみてください。
ただ、トイレが汚いので要注意です!

■参考サイト
ANAで行く初めて尽くしの中国本土旅行
旅行の様子をブログにまとめました。写真が多いですがご覧ください。