鎌倉で見つけた穴場の絶品しらす丼

以前、鎌倉へ小旅行に行ったときの話です。
お昼時、急にしらす丼が食べたくなり、あちこちお店を探していました。

リサーチ不足でなかなか見つからなかったのですが、江ノ電長谷駅から鎌倉大仏のある高徳院へ向かう途中、
長谷観音前の交差点で「鎌倉甚平」という粋な雰囲気のお店を発見。
店前で悩んでると、店員さんが声をかけてくれました。
とても気さくでいい感じだったので、ここに決めました。

店内は広くは無いけど、綺麗で落ち着いた雰囲気。
一人でも入りやすかったです。

さて、メニューですが、しらす丼1種類というこだわり。
といってもその中から生しらす、釜揚げしらす、ハーフ&ハーフと選べますけどね。
この日は残念ながら生しらすが完売で釜揚げしらすのみでした。

薬味は、しょうが醤油とゆず胡椒がありお好みの味付けができます。
個人的には、ゆず胡椒がお勧めです。
さて、肝心のしらす丼ですが、臭みもなく新鮮で本当に美味しかったです。

また、生卵の黄身を混ぜると味の変化を楽しめるといわれたので半分食べ終わったくらいに黄身をまぜまぜ投入。ゆず胡椒の薬味に醤油と黄身が混ざってこれまた美味しいじゃないですか。

一度で二度三度、味の変化を楽しめて最後まで飽きずに食べきることができました。
欲を言えば値段のわりにボリュームがもう少し欲しかったですね。
しかしとても気に入ったので、次は生しらす丼を食べに行きたいと思います。