嬉しいIPO初当選はLIXILビバ(3564)

ついにIPO株の抽選で当選を勝ち取ることができました!
昨年の二月から続いていた連敗記録もついにストップ。
あまりに当たらないので、何度もIPO投資を止めそうになりましたが続けて良かったです。

当選したのはLIXILビバ(3564)という東証一部に上場する銘柄で、関西から北海道までの地域でホームセンター事業を展開している会社です。
私の住んでいる地域には残念ながら店舗がないのですが、公式ページを見る限り住宅リフォームなんかも手掛けていてかなり大きいホームセンターのようです。

LIXILビバ

IPOの申込みはSBI証券から行いましたが、どうしても当選したかったのでIPOチャレンジポイントを使いました。何ポイント使ったかは公表しませんが、約1年間で貯めたポイントをほぼ使い切りました。

今回の募集でSBI証券は主幹事ではなく、当選本数もそれほど多くなかったので、当選できたのはポイントのおかげだと思います。平等な抽選もいいですが、「ここぞ!」という時にポイントを突っ込めるのは魅力ですね。
そのためにも普段からコツコツ申込みを行って、IPOチャレンジポイントをしっかり貯めておきたいです。

LIXILビバの上場日は4月12日なので今から初値がいくらつくか楽しみなのですが、一部のサイトでは「公募割れするかも?」という噂も飛び交っていて少し心配です。せっかくの初当選なので、少しでも公募価格を上回って欲しいですね。

■参考サイト
SBI証券の口コミ
IPOチャレンジポイントの解説やSBI証券ユーザーの口コミなど。

LIXILビバ初値予想
初値予想の掲示板です。正直見るとショックを受けます。

上海で見つけた激うま(でも辛い!)レストラン

上海に旅行中に見つけたお店です。
場所は上海花園飯店(上海オークラホテル)の裏にあり、お店の名前は久久滴水洞(ジュジュディーシュイトン)茂名南路店です。

こちらのお店は、日本にはなじみの少ない湖南料理のお店です。
店内は決してきれいな感じではないですが、温かみのある木目調のレストランです。

私たちがお店に入店した夕方の6時にはほぼ満席になっていました。
地元ではかなり有名なお店のようでした。

メニューも日本語表記に加えて料理の写真も添えてあったので、とても選びやすかったです。店員さんに日本語は通じませんが、十分オーダーは可能です。

私たちは、スペアリブとチャーハンをオーダーしました。
湖南料理はあまり詳しくなかったのですが、四川料理にも近いらしくどのお料理も辛そうでした。スペアリブが名物らしくて、名物と言われるだけのことはありました。
辛いのにおいしい!そしてまた辛い!癖になる感じです。チャーハンも激辛でした。
(※後で知ったのですが唐辛子抜きのオーダーもできたらしいです。)

7時にはたくさんのお客さんが列をなしていました。
地元の方が並んでまで食べたくなるのも納得できる味で、お値段も手頃なのでおすすめです!
上海にいかれた時は、ぜひ寄ってみてください。
ただ、トイレが汚いので要注意です!

■参考サイト
ANAで行く初めて尽くしの中国本土旅行
旅行の様子をブログにまとめました。写真が多いですがご覧ください。